メンタルヘルス 仕事

「過干渉な毒親がいると就活失敗します」就活を邪魔する毒親の対処法

 

過干渉な毒親のせいで就活に悩んでいる方へ。

Aさん
毒親の過干渉がしんどい
Bくん
毒親の過干渉が原因で就活がうまくいかない

と悩んでいませんか?

 

こんにちは、あしゅです。

 

私は過干渉な毒親に育てられ、進学や就職等あらゆる場面で私自身の将来をコントロールされてきました。

 

今回は過干渉な毒親を持ち就職活動に失敗した経験のある私が、過干渉な毒親が子の就職活動時に見せる特徴や、過干渉な毒親に就職を邪魔させないための対処法についてお話しします。

 

あしゅ
自分の親が過干渉タイプの毒親か知りたいときはこちらをどうぞ
毒親から逃げる方法を毒親の特徴別に解説!あなたの親はどのタイプ?

  毒親から逃げる方法を知りたい方へ Aさん毒親にコントロールされ続ける生活から脱出したい Bくん毒親から逃げたいがどうやって行動すべきか分からない と悩んでいませんか?   こん ...

続きを見る

 

本日の記事

過干渉な毒親が就職時に見せる特徴が分かる
過干渉な毒親に就職を邪魔させない対処法が分かる

 

 

過干渉な毒親が子の就職活動時に見せる特徴

 

親が聞いたことのある企業に進むことを求められる

 

「知っている企業じゃないとダメ」と言われたことはありませんか?

 

過干渉な親は建前を気にしたり、安定志向な人が多いです。

そのためか、「安心できる」と親の偏見で決めた企業に進むことを求めたり、その企業を「受けようかな」と言っただけで目つきが変わり、就職活動をいきなり応援しだすなど感情の変化が顕著に現れます。

 

あしゅ
大手企業に応募したとき、他の中小企業に応募したときに比べかなり食いついてきました。「自分の子どもが有名な会社に通っている」というステータスがほしい、「自分はいい親だった」と最終的にはアピールしたかったのではと思います。

 

 

家から通える範囲の企業に進んでほしいと言われる

 

家から通える企業で就職してほしいと言われたことはありませんか?

 

「子どもはいつまで経っても子ども」という言葉がありますが、『永遠に毒親は子どもをコントロールする』という意味では全くありません。

家から通える企業に就職する前提で毒親が思い込んでいることもあるのでやっかいな時もあるかもしれません。

 

内定した企業の中でどこに行くか最終決定権は親

 

内定した企業の中でどの企業に進むか、親が決めようとしていませんか?

 

いくつか内定した企業があった場合、どこに進むか悩むこともあると思います。

親に相談すると一方の企業を過剰に褒め、一方の企業を過剰に責めるなど、親が内定先をコントロールしてくることがあります。

 

あしゅ
私は大企業と、してみたい仕事ができる企業どっちに行くか迷っていました。親から大企業に進みなさいと大企業を推すプレゼンともう一方の企業を諦めさせようとするプレゼンが始まりました。

 

 

「あなたのしたいように」と言いつつ毒親の意見が強い

 

「あなたのしたいようにと言うわりに自分の意思が強すぎじゃない?」と毒親に思ったことありませんか?

 

過干渉タイプの毒親は、自分を良い親だと認めてほしかったり、親としての自分を悪く思われるのが嫌なところがあります。

そのため、いい親を演じようとして「あなたのしたいように」と子どもの前では言っても、そうとは思えないような言動が目立つのが特徴です。

 

あしゅ
私の場合は、「自分の好きなように」と親に言われたことが何度もありましたが、実際拒否されることの方が多かったかなと思います。就職も含め、最終的に親が認めないと実際に行動に移せないとことが多々ありました。


 

過干渉な毒親に就職を邪魔されない対処法

 

自分の意思を強く持つ

 

過干渉な毒親に就職を邪魔されないために1番大切なのは、自分の意思を強く持つことです

 

今まで親に従うことが当たり前の環境で育っていると、自分の意思を持つことを苦手に感じる人が多いと思います。

毒親のために就職するのではなく、自分のために就職すると大前提を必ず忘れないようにしてください。

 

あしゅ
私は今まで親に干渉される生活を続けてきたこともあって、親の意思は分かっても、自分の意思(自分は何をしたいのか)を感じ取るのが難しく思ってしまいます。この先どうしたいのか、どういう自分になりたいのか、具体的なビジョンを自分のためだけに考えることも大切だと思っています。

 

もう大人であることをアピール

 

過干渉な毒親には『いつまでも子どもではない』ということを行動で示していきましょう。

 

過干渉な毒親は就職するような歳に子どもがなったとしても、『子どもはずっと親の自分がいないと生きていけない』と思っていることが多いです。

「もう一人で生きていける歳になったんだ」と就職活動や就職を通して親にアピールして、自分自身で様々なことに意思決定していきましょう。

 

親の意見はスルーする

 

基本的に親の意見はスルーするようにしましょう。

 

過干渉気味の親のもとで育つと親の意見に従って当たり前と言う思考の癖が毒親にも子どもにもできてしまいます。

親の意見をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分の意見を優先するようにしてみてください。

 

あしゅ
私の場合、今まで20年以上続けてきた親優先の考え方がなかなか抜けず苦しんだ場面が多々あります。就職活動時も「自分の意見を優先していたら今頃どうなっていたんだろう」と何度も思いました。

 

できれば独り立ちする

 

就職を機に一人暮らしをすることもおすすめです。

 

就職すると一人暮らしを始めたり、環境を変えるのが難しくなってしまうこともあります。

 

「毒親から早く離れたい」と思っている場合は、就職を機に親との距離を取るのもいいと思います。

県外に出たい場合など今の住んでいるところから遠くに行きたい場合は特に就職を機に出るのがおすすめです。

 

あしゅ
寮・社宅付きの企業や住居手当が出る企業もあるので福利厚生面を重視して就職活動をするのもいいかもしれません。

 

HSPの人に一人暮らしがおすすめな5つの理由。解放されませんか?

  HSPの人は一人暮らしすべきか知りたい人へ AさんHSPの自分は家族と一緒に暮らすと疲れる Bくん一人暮らしをして精神的に楽に生きてみたい と悩んでいませんか?   私はHSP ...

続きを見る

【毒親】いつまで親に縛られるの?家や地元が窮屈な人は一度出るべき

  地元で暮らすのが窮屈な人へ。 Aさん地元で暮らすのが窮屈に感じるのはなぜ? Bくん地元で暮らすのは窮屈に感じるので出たいが失敗しそうで怖い... と悩んでいませんか?   こん ...

続きを見る

 

 

やりたいことを明確に伝えておく

 

将来やりたいと思うことがある場合は、先に親に軽く話しておくのをお勧めします。

 

過干渉な毒親の場合は変化や拒否されることを嫌います。

もしも自分がやりたいことが親のやってほしいことと合致しなかった場合、親が興奮状態になったり、ヒステリックになることもあります。

 

就職の相談は毒親にではなく他の人に

 

就職をする上で悩みがある場合は、初めから親に頼るのではなく、まず周囲の人に相談してみましょう。

 

過干渉な毒親は「子どものために」いう言葉を使って、自分の子どもを精神的にコントロールしようとしてきます。

本当に子どものためと思えるものもあれば、それは親の自分のためなんじゃないのかと思うようなこともあるかもしれません

 

まず子どもが親から離れるために、親以外で相談できる人を作っていくことが大切です。

 

 

まとめ 就職に失敗してもやり直せばいい

 

記事のポイントをまとめます。

 

過干渉な毒親が就職時に見せる特徴は、①親が聞いたことのある企業を望む、②家から通える範囲の企業を望む、③どの企業に進むか最終決定権は親、④「あなたのしたいように」といいつつ毒親の意見が強い
過干渉な毒親に就職を邪魔されない対処法は、①意志を強く持つ、大人であることをアピール、③親の意見はスルー、④独り立ちする、⑤やりたい頃は明確に伝えておく、⑥就職相談は毒親ではなく他の人に

 

今既に毒親の意見を気にしすぎた結果、就職活動に失敗したという人もいるかもしれません。

 

しかし、いつでもやり直せます。

行動面精神面も毒親から離れ、親の意見を優先するのではなく、自分の意志に正直に行動することから始めましょう。

 

 

あしゅ

毒親から逃げたい!毒親から逃げるために今からできることと対策

  毒親から逃げたいと思っている方へ Aさん毒親から逃げるために大事なことを知りたい Bくん毒親か逃げるために今できることを知りたい と悩んでいませんか?   高校を卒業し親元を離 ...

続きを見る

逃げることは悪いことじゃない。逃げる時の見分け方と逃げた後を話す

  逃げることは悪いことなのか知りたい方へ。 Aさん逃げたいけど逃げるのも怖い Bくん逃げるのは甘えだと言われた と苦しんでいませんか?     こんにちは。あしゅです。 ...

続きを見る

-メンタルヘルス, 仕事
-, , , , ,

© 2021 あしゅろぐ Powered by AFFINGER5