不登校

【不登校】親が怖い子どもたちへ。叱る本当の理由と説得のポイント

 

不登校になって親が怖いと思っている子どもたちへ。

Aさん
学校に行かないと親に叱られる。怖い。
Bくん
学校に行けなかった時親から責められる。怖いから怒らないでほしい。

と悩んでいませんか?

 

 

こんにちは、あしゅです。

 

私は高校生の時不登校不登校になり、「なぜ学校に行けないんだ」と毎日責められ涙を流す日々を送っていました。

不登校生だった当時は不登校になった自分を親が認めてくれず、とてもつらかったのを覚えています。

 

今回は、私の今までの経験をもとに、親が不登校生に叱る理由と、不登校で辛いということを親に説得する方法についてお話します。

 

あしゅ
不登校生の気持ちにできるだけ寄り添う記事にしたいと思っていますので、親の方からみると反論したい部分がたくさんあるかもしれません。ご理解いただけますと幸いです。

 

 

本記事の内容

不登校生に親が叱る本当の理由が分かる
怖い親をどう説得するべきかが分かる

 

 

学校に行けない不登校生を親が叱る本当の理由

 

親は基本的には子どもを大切に思っています。

ただ私たちと同じように不器用なのです

 

不登校を乗り越えた私が今思うのは、親も私たち不登校生と変わらない人間であるということです。

同じ人間なので意見が食い違うこともありますし、反論したいことがあってもおかしくありません。

 

不登校生のみなさんが学校に行きたくないという気持ちは親にはなかなか認めてくれないかもしれませんし、ひどく叱られることもあるかもしれません。

ですが、あなたはあなたの「学校に行きたくない」という気持ちを尊重していいのです。

 

この人生はあなたの人生であって親の人生ではありません。

あなたは意志のある人間であって、親の人形ではありません。

 

あしゅ
不登校生の時、私の意見を聞き入れてくれなかったこともあり、「親が教科書」「親の言うことが全て正解」だと思っていました。親に嫌われるのが怖かった私は、自分の意思をなくして親の言う通りに生きるようにしました。自分の気持ちを捨てた結果、私は今自分の意志が分からない人間になってしまいました。

 

 

 不登校になった経験がないから

 

不登校生に叱る理由の1つ目は、親が不登校になった経験がなく、不登校の知識や不登校生に対する接し方が分からず、学校に行かないのは甘えだと思い込みがあるからです。

 

不登校になったことのある親なら不登校生が今、どういう想いなのか分かってくれるかもしれませんが、親も不登校だったという人はかなり少ないと思います。

「特に理由もないのに学校を休んでいる」=「甘え」と勝手に親が決めつけ叱っているケースが、特に不登校になり始めた時期の親の態度として出やすいでしょう。

 

あしゅ
私の母は高校生の時に学業面で苦労したと言っていました。学業に悩みながらも逃げずに頑張って学校に通っていた母からすると、私は逃げているように見えていたのかもしれません。学校に行けなくなる日が多くなると母の形相は怖く、言葉は圧力的になっていきました。

 

 世間体が気になるから

 

世間体を気にして、「学校に行きなさい」と叱っているのかもしれません。

 

学校に行くことは世間的には当たり前のもの。

「学校に行く」という当たり前のことができない子どもに恥ずかしいと思っているかもしれません。

 

「世間体なんて気にならない」という親もいると思いますが、口ではそう言っていても心の奥ではステータスを気にする親が多くいるのもまた事実です。

 

あしゅ
私はどこの学校に通っているかで子どもの学力を判断できるような田舎で育ちました。「あなたのしたいようにしなさい」と親は言っていましたが、親の意見が見え隠れする感じが昔からしていて、気が付けば親の願う通りに生きていました。どの学校に通わせるか、どれだけ学力を上げさせるかが、客観的に見て子育てがうまくいっているかを判断するステータスだったのかもしれません。

 

毒親から逃げる方法を毒親の特徴別に解説!あなたの親はどのタイプ?

  毒親から逃げる方法を知りたい方へ Aさん毒親にコントロールされ続ける生活から脱出したい Bくん毒親から逃げたいがどうやって行動すべきか分からない と悩んでいませんか?   こん ...

続きを見る

 

 子どもの学歴を自分の学歴以上にさせたいから

 

あなたの親は「子どもの学歴を自分の学歴以上にさせたい」と思っているのかもしれません。

 

自分の今までの生き方や経歴にすべて満足している親はなかなかいないと思います。

自分と同じ苦労をさせたくないという想いで、自分の子どもに過度に期待を押し付ける親がいるのは事実です。

 

あしゅ
母親が経済的な面で大学に行けなかった分、私にはいい成績を取って、いい大学に行って、いい企業に勤めてほしいという気持ちを昔からいたるところで感じていました。(物心ついたときには塾に通っていたり、習い事をしていました)

 

 

自分の子育ては間違っていたと思いたくないから

 

親は不登校になった子どもを見て、「自分の子育ては間違っていた」と思いたくないから、学校に行けないことを叱るのかもしれません。

 

親も私たち不登校生と同じで人間なので否定されるのが怖いのです。

 

子どもをどれだけ愛していたとしても、子育てに教科書はありませんし、先生もいません。

何十年も積み重ねてきた子育てを否定されるのが怖いのだと思います。

 

あしゅ
私が不登校になって少し経ち、母が私の不登校に理解を示し始めた頃、口癖のように「ママの子育ての仕方が間違っていたのかな」と不安そうに言っていました。「こんな子どもになってごめんね」と何とも言えない気持ちでいっぱいになりました。



怖い親を不登校生を説得する方法

 

自分一人で説得しようとしない

 

自分一人で説得するのはできるだけやめておきましょう。

 

私の経験上、子どもの一人で正面突破はかなり難しいです。

なぜかというと、金銭面、人生経験などあらゆる方面から親はマウントを取ってくるからです。

 

「学校に行きたくない」という気持ちだけで押し切るのは、親に論理的な意見で言いくるめられて終了するのがオチです。

 

医師、カウンセラー、保健室の先生、学校の先生など、大人を第三者として味方につけるのがおすすめです

 

あしゅ
昔の自分は不登校になって体調を崩し、小児科に通うようになりました。病院に行って私と医師、母親と医師との1日に2回診察を受けるようになってから、母親が私の不登校について理解を示すようになっていきました。

 

今の学校に行かなくてもいい客観的理由を考える

 

今の学校に行かなくてもいい客観的な理由を考えてみましょう。

 

今は学生でも簡単にネットで検索できる時代となりました。

今の学校を辞めても小学校や中学校や高等学校を卒業したと認められる方法を探してみてください。

通信制の学校に通う、他の学校に転校するなど以外と方法はあるものです。

最近では、不登校生「出席」 文科省、学校復帰無理に求めない方針というのがニュースになっていました。

 

【不登校高校生の進路】高校を卒業する条件理解できていますか?

  現在高校生で不登校になって進路に悩んでいる方へ。 Aさん「このままじゃ高校を卒業できないかもしれない」 Bくん「もし今の学校を卒業できなかったら進路があるんだろう」 と悩んでいませんか? ...

続きを見る

 

 

まとめ 親が怖い不登校学生さんへ経験者からメッセージ

 

記事のポイントをまとめます。

不登校生の親が叱る本当の理由は、①不登校になった経験がないから、②世間体が気になるから、③子どもの学歴を親以上にさせたいから、④自分の子育てが間違っていたと思いたくないから
不登校になって怖い親を説得させる方法は、①自分一人で説得しないこと、②今の学校に行かなくてもいい客観的な理由を探す

 

 

先ほどもお伝えした通り、親も私たち不登校生も同じ人間です。

親が間違っていることも存分にあり得ます。

 

不登校になった私が思うのは自分の今の感情は間違いではないということ。

そして、自分の人生を親の人生にする必要はないということ。

 

 

今自分の感情の蓋を閉めようとしている学生さんがいれば、それはしなくていいです。

 

自分の感情を大切に、「やりたい」「やりたくない」を大事にしてください。

あなたの思いは絶対に間違っていません。

 

 

 

あしゅ

 

25歳の私が不登校だったことを後悔していない理由【学校・就活】

  不登校の今を後悔する日が来るのではないかと思っている方へ Aさん今の学校を卒業できなければいつか後悔するのではないか Bくん不登校だったことが就職の時に不利になるのではないか と悩んでい ...

続きを見る

【毒親】いつまで親に縛られるの?家や地元が窮屈な人は一度出るべき

  地元で暮らすのが窮屈な人へ。 Aさん地元で暮らすのが窮屈に感じるのはなぜ? Bくん地元で暮らすのは窮屈に感じるので出たいが失敗しそうで怖い... と悩んでいませんか?   こん ...

続きを見る

-不登校
-, , , , , , , , ,

© 2021 あしゅろぐ Powered by AFFINGER5